エチオピア襲撃事件の犯行動機は?危険情報では最も低い「十分注意」

3月19日にエチオピアで武装集団による車の襲撃事件があり、その中に乗っていたとされる日本人の女性が亡くなったと本日報道されました。

一体車を襲撃した犯行動機はなんだったのか?

現地の危険情報ではなぜ一番レベルが低いものだったのか?

その真相に迫っていきましょう。

スポンサーリンク

エチオピア襲撃事件の詳細

【アディスアベバ共同】アフリカ東部エチオピアのオロミア州で19日、武装勢力が車を襲撃し乗っていた5人を殺害した。同州の警察高官は21日、殺害された5人のうち、1人は日本人女性だと述べた。在エチオピア日本大使館が確認を進めている。

 地元メディアによると、エチオピア人3人とインド人1人も犠牲になった。鉱山の採掘事業に関わり、襲撃時は車で移動中だったとみられる。

 襲撃は首都アディスアベバから西へ約500キロ離れた場所で発生。武装勢力は車を銃撃した後、火を放ったもようだ。現地を拠点とするオロモ解放戦線の分派組織の犯行とみられている。

出典:https://this.kiji.is/481435687129154657

報道によるとどうやら車に乗っていた5人全員が亡くなっているようですね。

襲撃が起きた場所としては、

この地図で言うと左側にあるガンベラの右上の方で襲撃された模様です。

スポンサーリンク

エチオピア襲撃事件の犯行動機は?

報道によるとオロモ解放戦線の分派の犯行との事ですが、なにか因縁があったのでしょうか?

襲撃された車は鉱山の採掘事業に携わっていたメンバーのようですが、襲撃した組織との関連はわかっていません。

オロモ解放戦線は襲撃した地域を縄張りにしていたので、そこに侵入してきた車を襲っただけの可能性もありますが・・・。

当時車で移動中にも関わらず襲いかかるというのはただ事じゃない気がします。

犯行内容としては、銃で車を襲撃したあとに火を放ったと書いていましたが、証拠を隠滅する為の火なのか、単純に攻撃手段として火を使ったのかはわかりません。

ただ、DNA判定の結果日本人女性が亡くなったと報道があったので、恐らく前者だとは思います。

個人的な予想としてはその鉱石事業の会社に何らかの関連性があるような気がします。

スポンサーリンク

エチオピア襲撃事件の被害者は誰?

今回被害にあわれたのは、

  • エチオピア人 3名
  • インド人 1名
  • 日本人 1名

 

計5名の犠牲者ということがわかっています。

この日本人女性の方については、遺族側の意向により名前が伏せられているとの事でした。

現地人3名とインド人と日本人の組み合わせって結構珍しいですよね^^;

同じ鉱山会社に勤務していたのがたまたまこういう組み合わせだったという事でしょうかね?

エチオピア襲撃事件の現地は危険レベルが低かった?

外務省がホームページで公開している海外の安全情報ではエチオピアの危険情報は4段階中の一番低レベルである「十分注意してください」という警告が出ていた模様です。

注意のレベルなので頻繁にテロ行為などが行われていたという訳ではなかったみたいですね。

なお、今回の事件を受けて現在は警戒レベル3まで引き上げになっているみたいです。

 

出典:外務省HPより

 

この警戒レベルは目安でしかないという事と、中長期的な目線でのレベルになる為、参考程度にしかならないようです。

さすがに今回の事件で危険度が低かったはず!とはなかなか言えないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

日本に住んでいる人からしてみたらまず起こらないであろう事件ですよね。

今回被害にあわれた方は仕事で車に乗っていたことが想定されますので、旅行客とかではなく就業ビザを取得して現地にいるかたなんだと思います。

そんな日常的に海外で生活している人でも巻き込まれてしまうリスクがあるというのはちょっと怖いですね。

しかも車に乗っていたのにも関わらず逃げ出す事もできなかったっていう状況は絶望的です。

まだ詳しい情報がわかっていないので、どういう経路で事件に発展したのかの続報が気になりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です