いきりちゃんの仕事は1500万円を稼げるアレ!顔の変化や整形回数も公開【画像】

SNSで自らの整形経過を随時報告している「いきりちゃん」

今までに整形した箇所はどこなのか?調べてみると驚愕の事実が明らかになりました。

気になる整形前との顔比較や、それらの整形にかかった費用を調べてみるとさらに驚き。

一体いきりちゃんはどうやって支払ったのでしょうか?

スポンサーリンク

いきりちゃんとは?

スポンサーリンク

ツイッターで自らの整形を公開している人で、整形を考え始めたのはなんと小学校3、4年生の頃

当時人気だった番組「ビューティーコロシアム」を見て感銘を受け、自分も受けたいと思ったそうです。

しかし、本当に整形に踏み切る”きっかけ”となった出来事は、過去に家族で喧嘩した際に父親から言われた『お前の顔は人を不幸にする』という冷たい言葉でした。

普通に考えたら親が子供に言う言葉じゃないと思いますが、どうやら父親に顔が似ていたいきりちゃんに対して自分への皮肉も込めて言われたようですね。

でも大事な時期の子供にそれを言うのはあまりにもかわいそうだと思いますが・・・。

いきりちゃんもその言葉を聞いた時に「このままだと幸せになることはできないんだ」と不安になったそうです。

いきりちゃんのこれまでの整形箇所は?

スポンサーリンク

初めての整形を行ったのは16歳の時のこと。

整形箇所はごく一般的な「二重にする」という埋没法を施術しました。

当時整形をすることを母親に打ち明けたときは応援してくれたそうですが、整形後に母と喧嘩になった際には「あなたの顔が変わった時だって母さんはっ…」と言いかけて口をつぐんだという出来事があり、それ以降の整形は親に打ち明ける事ができなかったみたいです。

口では「応援してる」と言っても、やはり母親にとって「自分の子供が自分の子供ではなくなってしまうような感覚」があったのではないでしょうか?とてもいいお母さんですね。

いきりちゃんは一人、整形のメッカ「韓国」へ

整形といえば韓国のイメージが強い方も多いのではないでしょうか?

文化の違いといえばそうなるかも知れませんが、韓国では誕生日や入学、卒業式などのお祝い事に「整形資金」をあげるというほど一般的になっています。

それだけ整形の技術が進歩しているということで、日本からわざわざ韓国に整形を受けに行く人も多いのだとか。

ただ、それを利用した悪徳仲介業者も多く存在しているので注意が必要だったり、帰国の際にパスポートと顔が違うと指摘が入る可能性があったりと難しい事情もあるみたいですけどね。

いきりちゃんもどうやらその一人のようで、整形の聖地に一人足を運びました。

そこで受けたのが「輪郭三点手術」というもの。

全身麻酔が必要で、顔の骨を切るという命にかかわる大きな手術です。

その時も母には整形のする事を隠したままで決断したために、もしかしたら死んでしまうかもしれないという恐怖で涙が止まらなかったと話しています。

その事がきっかけで帰国後、家族全員に整形を打ち明けました。


それからは両親や兄弟も、整形で顔が腫れているときや韓国にいる時には心配してラインでメッセージをくれるようになったりと、いきりちゃんも相談相手がいる事でかなり心強かったようですね。

この後の整形ですが、整形箇所を説明するよりもこう言ったほうがいいかもしれません。

「全身」です。^^;

いきりちゃんの整形経過が壮絶

スポンサーリンク

整形をする人って、大体整形後の綺麗な顔を見せてカミングアウトするという方が多いと思いますが、いきりちゃんはそのすべてを赤裸々に晒しています。

今はとてもかわいい顔だけど、毎回施術のあとは腫れがひどくて悲惨な状態でした。

これから整形を考えている人にとってはかなり「リアル」な整形の現実が垣間見れるので、すごく参考になるはずです。

痛みや恐怖も伴うのがわかるので、軽い気持ちで整形を考えている人にとってはブレーキにもなるかもしれないですね。

 

苦手な人もいると思いますので、ここから先はご注意ください。

 

まずは先程紹介した「輪郭三点手術」を施術したあとの経過です。


痛々しい・・・。人間の顔ってここまで腫れるもんなんですね^^;

あ、でも昔アンビリバボーに出てた「扇風機おばさん」はもっとひどかったかも。

 

しかしこれは踏み切るのは勇気が必要だと思います。

 

そして鼻も整形をしたようですね。


そして各種(全身)脂肪吸引&脂肪移植。


瞼下切開もしてますね。


その他にもたくさんあったのですが・・・載せきれないです笑

簡単に整形した部位をまとめると、

  1. まぶたの埋没法
  2. 目頭切開
  3. 隆鼻術I型プロテーゼ
  4. エラボトックス
  5. 瞼下切開
  6. I型プロテーゼ除去、ゴアテックスに変更
  7. 鼻尖縮小術
  8. 鼻中隔軟骨移植
  9. メッシュ
  10. 目つき矯正
  11. 二重全切開
  12. 涙袋ヒアルロン酸注入
  13. 目尻切開
  14. 輪郭3点

以上がわかっている情報です。

この中でも同じ施術を複数回行っているのもあるので、回数にしたらものすごい数です!

いきりちゃんの整形前との画像比較

これだけの回数整形を重ねていたいきりちゃんですが、現在の顔をまず確認してみましょう。


めっちゃ美人ですね!そして最近の整形技術ってすごい!!

あんなに腫れていた顔もこんなに自然な感じに治るものなんですね~。

ここまで綺麗になれるのなら整形して正解だったと思います!

 

さて・・・気になるのは「過去」ですよね。

初めての整形が16歳なので、それ以前の顔という事になります。

すでにツイッター上では削除してしまったみたいですが、見つけてきました。

出典:Twitter

かなり印象が違いますね!ここまでくるともはや別人です。

新たな人生を歩み始めたといっても過言ではないでしょう。

 

でも「人を不幸にする」ってほどの顔ではないと思うんですがね・・・

それだけ父親の言葉がショックだったのかもしれません。

いきりちゃんのこれまでの整形費用がヤバイ

スポンサーリンク

さて、次に気になってくるのが合計18回以上にも渡る整形の数々。

もちろん整形は結構高額な出費になるはずです。

今までの合計金額はいったいいくらになるのか?

その答えは・・・なんと1500万円。

マンション買えます。笑

いきりちゃんが1500万円を支払うことができた「仕事」

一般的には支払う事ができなような金額ですが・・・一体どうやって払ったのでしょう?

普通に考えるとまだまだ若いいきりちゃんがもらえる給料は知れてると思います。

 

16歳の頃に行った「二重の埋没法」は高額ではないのでわかりますが、

最後の輪郭3点などの全身麻酔を使う大型手術はかなり高額なはずです。

 

しかも頻繁に韓国に通う交通費や、通院費もバカにならない・・・

恐らく普通の職業ではないと思っていたら、その答えは、「水商売」でした。

 

現在はやめてアルバイトをしているそうですが、それだけ夜の仕事は稼げるってことなんですね。

顔とトークが命の水商売と整形はある意味相性がよかったのかもしれません。

 

2ch(にちゃん)などでは、いきりちゃんのキャバクラ時代の酷評やホスト狂い、ファッションセンスゼロなどの情報もありましたが、たとえそれが現実だったとしても1500万円の収入が得られるのはすごいです。

というか、整形費用を稼ぐためにそれほど必死だったんでしょうね^^;

まとめ

なぜここまでして整形を続けるのか?と思いましたが、いきりちゃんは「手術の痛みや恐怖よりも昔のままの顔でいる事の方が怖かった」と綴っています。

有村藍里さんもそうでしたが、コンプレックスを抱えた人は他人からみたら大したことではないと思うような事も自分の中でトラウマになってしまっている事が多いと思うんです。

それが改善できて笑えるようになるのなら大切な事なんじゃないでしょうか。

人生は一度きり、生まれた顔がコンプレックスなら作り替えればいいってことですね!

確かにその方が人生が自分にとって幸せになれるなら応援したいと思います。

ただ、いきりちゃんがこれだけ整形を経験してわかったことは『誰でも綺麗になれる訳ではない』といったもの。

それを正しく理解して整形に踏み切らなければ、それぞれが持つ人体の骨格上ある程度綺麗になるにも限界があるということ。そこに到達したときに「もうこれ以上私は変われない」と絶望してしまう可能性があると言っていました。

やはり経験者は的確に整形と向き合っているようですね。

また、整形したら幸せになれるか?というとそうではなくて、大切なのは「人間力」であるとも言っています。

つまり幸せになるために自分にできることをする姿勢が大切というものでした。

しっかりとした考えを持っていて、芯がある人だと思います。

今悩んでいる人はいきりちゃんに相談してみるのもいいかもしれませんね!

 

こちらの記事もおすすめです。

有村藍里が顔の整形を発表!前と徹底的に比較してみた【画像】

2019.03.03

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です