勝海麻衣 盗作疑惑を比較検証してみた結果これはアカンやつやw

銭湯絵師見習いとして活躍中の勝海麻衣さん。

美人絵描きとして話題になっており、さらにモデルとしても活動しているちょっと変わった人です。

その勝海麻衣さんが書いた絵にどうやら盗作疑惑がかけられている模様。

ということで勝海麻衣が書いた作品と問題になっている疑惑の絵を比較検証してみました。

スポンサーリンク

勝海麻衣のプロフィール

 

名前:勝海麻衣(かつみまい)

生年月日:1994年生まれ

出身地:東京

所属事務所:CRUVA

東京藝術大学大学院に通う現役の大学生でもあり、モデル、絵師とマルチな活動をしているようですね。

2017年9月に銭湯絵師である丸山清人さんに弟子入りをし、現在見習いとして活動しながらモデル業も同時進行しています。

丸山清人さんといえば日本最高齢の銭湯絵師さんで、富士山の絵などがかなり秀逸です。

スポンサーリンク

勝海麻衣の盗作疑惑とは?


本人のツイッターでも謝罪している通り渋谷のイベントで出した作品に盗作疑惑があったとの事。

そのイベントとは炭酸飲料「RAIZIN」のイベントで、なんと生ライブで絵を描くといったものだったんですが、そこで描いた「虎の絵」がイラストレーターである猫将軍の作品と酷似していると炎上。

そこからこの謝罪文に至ったという流れになります。

スポンサーリンク

勝海麻衣の盗作疑惑を比較検証

さて、気になるのはその疑惑になった作品。

しかも調べていくとその作品だけではなく、勝海麻衣さんが手がけた作品で盗作の声が上がっているものがもっとたくさんあるようです・・・。

と、とりあえずその写真を見てから考える事にしましょう!

まずは先程の渋谷イベント「RAIZIN」と猫将軍さんの作品を比較。


アウト。

続いて個展で展示されていた絵です。

アウト。

そしてインスタでアップされてた犬の絵。

アウト。

3アウトチェンジ!!笑

この他にも「銭湯で作業したことがない説」なども浮上しており、勝海麻衣さんに対する信頼度はほぼ地に落ちました。

また、湯島ちょこさんという方ともひと悶着あったようです。

ツイッターで相関図を書いている人がいたので載せておきます笑


スポンサーリンク

まとめ

えー、調べてみてわかったのですが、彼女はもう盗作というか「模写」のレベルで、トレース用の下書きをライブ会場に持ち込んでいたという情報も出てきました。

しかも銭湯絵師見習いなのに銭湯で絵を描いた事がないとか・・・。

恐らく今後彼女に対する仕事関係はすべて白紙になるでしょうね。

仮にでもアーティストとして名乗っているのなら、やっていいことと悪い事の区別をつけたほうがいいと思います。

みなさんが「同じ日本人として恥ずかしい」といった声に同意せざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です