倖田來未 マニックパニックでサイヤ人化!?気になる染め方と値段

歌手の倖田來未さんが自宅で染められる染料「マニックパニック(通称マニパニ)」を使って驚愕のイメージチェンジにトライしたことで話題になっています。

コスプレイヤーやパンクロックの方が愛用しているようですが、気になる染め方と値段など調べてみました。

スポンサーリンク

マニックパニックとは?

あまり馴染みの無い用語ですが、どうやらセレブ系に愛されている「元祖コスメブランド」の1つで、その歴史は1977年から始まっています。

創始者はパンクロックの姉妹「ティッシュ&スヌーキー」


開発されたマニックパニックは一瞬でアーティスト達の目に留まり、注目の的となりました。

現在では世界50カ国以上で愛用されるほどの知る人ぞ知る染料なのです。


奇抜ですねw

確かにコスプレイヤーとかに注目されるのはわかります。

アニメのキャラとかって髪の毛の色が基本的に奇抜ですからね。

倖田來未がサイヤ人化!?

2月26日に倖田來未さんがインスタにてマニックパニックを使った写真を投下。

印象がガラッと変わって奇抜にイメージチェンジを果たしました。

あー、これは確かに「サイヤ人」を彷彿とさせるイメージカラーですねw

伝説のスーパーサイヤ人”ブロリー”を思い浮かべる人も多い気がします。

中には「ラムちゃんみたい」とか「コードギアスのC.C.みたい!」っていう意見もありますね。

しかもこの色、ブラックライトで光るらしいですw

同じ「ライムイエロー」を使ったアレンジのヘアカラーも発見しました。


綺麗な発色ですね。

一度はこんな奇抜な色に挑戦してみたいような気もします。

周囲の反応がすごそうw

マニックパニックの染め方

スポンサーリンク

マニックパニックは普通の染料とは違ってヘアワックスのような形状の容器に入っています。


普通の染料とはちょっと使い方が違うのでご注意を。

用意するもの

  1. コーム
  2. ゴム手袋
  3. サランラップ
  4. ケープ

この4つです。

普通の染料にはビニール手袋が同梱されていますが、マニックパニックには入っていないので用意する必要があります。

ちなみに、手に付くと3日はとれませんw

なのでケープも必須アイテムということですね。

また、マニックパニックを使う人はメッシュで他の色を混ぜたりする事が多いので、その場合にサランラップが必要になってきます。

コームは手ぐしだと確実にムラになるので持っておいたほうが間違いないです。

ただ1度使うともう使い物にならないので安いやつで大丈夫ですw

染め方

染め始める前に言っておきますが、きれいな発色を出したい人は、

あらかじめハイブリーチで脱色しましょう!

ハイブリーチはマニックパニックでも出してるのでこれを使えば間違いなし。

 

 

まずはその下準備を終えてから染め始めます。

  1. まずシャワーを浴びて髪の汚れを落とす。軽くぬれた状態にすると色が馴染みやすい。
  2. 髪の生え際にクリームを散布。ニベアでおK。

     

  3. 染める部分にマニックパニックを馴染ませる※コームを使用
    メッシュを入れる場合はその色を塗ったところをラップでくるむ。
  4. 20~30分放置。全体的にラップをかけると色が馴染みやすい。
  5. 水かぬるま湯で洗い流す※高温だと色落ちしやすい
  6. しっかりとドライヤーで乾燥させる

以上です!お疲れ様でした。

なお、実行する場合は色が移らないよう、床や身体もしっかりとケープや新聞紙を使って確実にガードしましょう。落ちません。


ちなみに倖田來未さんが使用したのはこちらのグリーン系だと思われます。↓

 

マニックパニックの値段は?

マニックパニックの価格は購入場所にもよりますがちょっとお高めのご様子。


色によってもマチマチで、おおよそ1600~2200円前後が多いみたいです。

ネットで買えばいろいろ価格が見れますので、お得なところを探してみてください。

 

まとめ

今の時代は美容室に行かずにセルフでもこんなに綺麗なカラーが作れるんですね。

また、染める時間にもよりますが長くても大体3週間でほぼ色が落ちてしまうようなので、その点は注意しながらいろんな色にトライしてみてください!

あ、髪の毛は結構ダメージを受けるみたいなのでトリートメント必須です!w

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です