無人配送は実現する?人工知能(AI)を活用した実験に期待感

本日経済産業省が発表した新たな交通サービスである「無人配送」に注目が集まっています。

人工知能(AI)の技術やカーシェアリングを活用した無人配送を目指すという少し前までは無謀にも思えるような企画がついに実現するのかもしれません。

その詳細や実験内容に迫ってみました。

スポンサーリンク

無人配送についての詳細

経済産業省は8日、カーシェアリングや人工知能(AI)を活用した自動運転による無人配送など新たな交通サービスの実証実験に、トヨタ自動車やソフトバンクなど34社が参加すると発表した。地方での事業化を支援するのが狙いで、経産省が同日開催した「自動車新時代戦略会議」にトヨタのほか、ホンダや日産自動車マツダなどの自動車メーカーが参加した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000569-san-bus_all

なにやら気になるニュースが舞い込んできましたね!

人工知能を活用した無人配送の実現を目指すプロジェクトとのことですが、確かにスマートフォンをはじめ、あらゆる分野に広がり始めてきた人工知能。

ちょっと前までは考えられなかったような未来がもうすぐそこまで近づいてきているのかもしれません。

このプロジェクトの目的としては「地方での事業化を支援」ということですが、確かにまだ都心部でなどの交通量が多い都市での運用は現実的ではないと思います。

しかし、地方でこのプロジェクトが見事成功し、徐々にこのサービスが普及し始めたら運送業界には革命が起きる可能性がありますね。

今や誰もがネット通販を利用し、簡単に外出なしでほしいものが手に入るようになった裏側にはブラックな労働に苦しむ運送業界が暗躍していたのは間違いないです。

そこに光が差す時が近いのかもしれません。

スポンサーリンク

人工知能(AI)を使えば無人配送は可能なのか?

気になるのは「実際に無人配送は可能なのか?」という点だと思います。

ちょっと考えただけでも、

  • 自動運転で交通事故は発生しないのか?
  • 現地まで届いた後、自宅への荷物の届けはどうなるのか?
  • 無人配送にかかる経費のほうが莫大になるのではないか?

などが挙げられると思います。

しかし調べてみると時代の進歩は想像していたよりも早かったようで、すでにゆうぱっくの無人配送は実証実験が開始されているとの事でした!


キャリデリというロボットを使った無人配送で、福島県にある「ふたば自動車学校」にてその実験が行われているようですね。


この無駄にイケボなのがちょっとツボです笑

他にもドローンを活用した計画なども案があるようなので、これはかなり現実味を帯びてきていると感じました。

スポンサーリンク

無人配送の新交通サービスに参加予定の企業

今回無人配送のプロジェクトに参加したのは大手自動車メーカーであるトヨタ、マツダ、日産やソフトバンクなども加わっており、総勢34社とのことでした。

ソフトバンクは店頭にペッパーくんを起用するなどロボットの分野ではすでにおなじみかもしれませんが、大手自動車メーカーがほとんど参加するということはかなり本格的な実証実験になる事が想定されます。

他の企業は公開されていませんでしたが、恐らくどこも大手の企業だというのは用意に想像できるんではないでしょうか?

まずは地方でパイロット運転をする地域を決めるところから始まるようなので、今後の動きに期待したいですね!

無人配送についてネットの声は?

  • 実際には高齢化なのに
    ネコロボ見たいに高齢者に
    道路まで取りに行くのは不可能
    特に団地や山沿いの崖っぷちに階段のみの住宅なのは
    少なくても自動運転は都心には向かないと思います。
  • 人間はどこで働くかを考えたら、なんとも言えないですね、、、
  • グーグルは、はるか先を行ってるんだろうね
    結局役立たずに税金投入かな?

まだ多くの人は現実をうまく受け止められずに否定的な意見も出ていました。

ブラック起業が今も多く存在する運送業界では注目を浴びると同時に「ロボットに仕事が奪われる」という可能性も視野に入れて不安になっている方もいるみたいですね。

期待の声も大きいですね。確かにここまで現実的な話しになってくると期待してしまうのは仕方ないでしょう。

アマゾンで導入済みの「無人倉庫」との連携も間違いなく視野に入れているでしょうね。

 

本当に人の手が必要のない時代が来るかもしれませんが、そうなった時は逆にどうやって生活していけばいいのか悩む人間が増えるのも間違いないでしょう。

楽天も動き始めましたか・・・。ドローンを活用するとなると配送時間は大幅に削減されることは間違いないでしょうね。

障害物にどこまでドローンが対応できるかが不安ですが笑


完全にドラえもんのような世界がもうすぐそこまで来ていると実感させられました。

ロボットに世界が乗っ取られるようなことがなければいいのですが^^;

スポンサーリンク

まとめ

僕が思っていたよりもかなり世界の「自動化」は進行しているようで、物流はここ数年の間にものすごい変化を遂げる事になるかもしれませんね。

令和時代に生まれた子供たちはそれが当たり前になっていく中成長し、大人になる頃にはいったいどんな職業が多くなっているのでしょう?

人力でカバーしていた部分が自動化される世界になっていくとしたら、未来はプログラマーや機材のメンテナンスが主な仕事になるのですかね?^^;

楽しみでもあり、人の手の暖かさがなくなっていくという寂しさの両方があるので僕はまだ気持ちの整理がつきません笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です