村雨辰剛は加藤造園で働く庭師!筋肉がすごすぎてヤバイw

加藤造園で庭師として働くスウェーデン人の村雨辰剛さん。パッと見は完全に外国人ですがその名前の由来はどこからきたのか?

日本に来た理由や「やばすぎる筋肉」についても調べてみた結果、面白いことがわかりました。

スポンサーリンク

村雨辰剛さんのプロフィール

スポンサーリンク

 

・村雨辰剛(むらさめたつまさ)

・本名    ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク

・出身    スウェーデン

・生年月日  1988年7月25日

・身長    182cm

 

まずここで気になるのがやはり「村雨辰剛」というまるで侍の様な名前!

本名はヤコブ・セバスティアン・ビヨークという外人の普通な名前ですが、一体どこからこの名前が生まれたのでしょうか?


外見は完全にイケメン外国人なのにギャップが半端じゃないです(笑)

日本に来た理由は?

スポンサーリンク

幼少時代から伝統文化に興味を持ち、スウェーデン人特有の「古いものを大切にせず新しいものを取り入れる」という思想に違和感を覚え、自分の国とまったく別の国へ行ってみたいと強く思っていたという村雨さん。

最初にアジアで他の国を探していた時に日本を知り、その独特な文化に心を打たれたが、当時は日本に関する資料があまりにも少なく、日本語を満足に勉強することもできなかったそうです。

その後インターネットを通じて日本人と知り合い、チャット上で日本語を学習。

教えてもらっていた友人から「日本においでよ」と誘いを受けたことをきっかけに来日し、逗子と横須賀に3か月間滞在しました。

そこで日本の「わび・さび」を知り、日本の美意識に惹かれて移住することを決意。

美意識が特に感じられる日本庭園を見たときに直感で庭師への道を決めたそうです。


現在の職場でもある「加藤造園」に頼み込んで弟子入りし、5年間の修行を積んで一人前になったようですね。

名前の由来

スポンサーリンク

日本に移住することを決めていた頃から「帰化」する為に自分で名前をを付けるも、日本の伝統である「相撲」では親方から名を付けられるという知識があったので、加藤造園の親方に名付けを頼み込むも「責任が重すぎる」と言われ断念。

しかし、親方の父親の名前が「村雨」という事を知り、かっこいいという事で拝借。

辰は自分が辰年ということで剛は親方の名前から勝手にとったみたいです(笑)

また、村雨の由来が『南総里見八犬伝』に出てくる架空の日本刀の名前と豆知識もバッチリだそうです。

村雨辰剛さんの筋肉がヤバイ

スポンサーリンク

写真を見て気になった方もいるかもしれませんが、村雨さんは筋肉がヤバイです(笑)


実は少し前に話題になったNHKが5分間の枠で放送を始めた「筋肉体操」というコーナーがあり、武田真治、村雨辰剛、小林航太の3人が筋肉を見せつける体操がありました。


なんと選ばれし3人の戦士のうちの1人が村雨さんです(笑)


筋トレをする理由としては、マインドの修行という事で、体を強くする以上に精神を強くすることができると言い、庭師の徒弟制度にも重なるところがあるとの事。

まさか筋肉までもが庭師と結びつけれてるとは想像していませんでした。

 

まとめ

日本人以上に日本を愛し、古くから伝わる文化や伝統を尊重する姿勢の村雨さん。

イケメン・ムキムキ・礼儀正しいの三拍子が揃った彼に怖いものはないでしょう。

これからの活躍を期待します!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です