新紙幣の裏面はどうなる?変更理由や時期と選ばれた人物の詳細も

政府は紙幣に使用されている人物の肖像画を変更する準備段階に入ったと関係者が報告したことで話題になっていますが、いったいその時期はいつごろなのか?

また、紙幣の変更理由や新しく選ばれた人物、そして気になる裏面に描かれるのは何なのか?

現在わかっている詳細などを調べてみました。

スポンサーリンク

紙幣の刷新についての詳細

本日の明け方、政府関係者より発表された「新紙幣」に関する情報。

どうやらもうすでに紙幣を刷新する準備段階に入っており、変更は2004年以来になります。

2004年の時は、

1000円札 : 夏目漱石 → 野口英世

5000円札 : 新渡戸稲造 → 樋口一葉

 

という変化があり、10000円札は変わらずに「福沢諭吉」のままでした。

今回はすべての紙幣が刷新されるようですが、僕の頭の中は完全に1万円=諭吉のイメージが定着しているので違和感しかないです^^;

スポンサーリンク

紙幣の刷新する理由はなぜ?

2004年にも紙幣が刷新されたのにまた変更になるということは何か理由があるのでしょうか?

調べてみると主に変更の理由は「紙幣の偽造防止」という狙いがあるみたいですね。

そう考えるとなんで前回の変更時には偽造された場合に一番被害が大きくなる1万円だけ変更されなかったのかが疑問に残ります。

諸説では変更しなくても1万円札は偽造自体が他の紙幣よりも難しいという案がありましたが真相はよくわかっていません。

また、およそ20年を目安に刷新が行われているらしいです。

福沢諭吉は1984年に聖徳太子から変更になっているので、現状で既に「40年」くらい変わっていないので新しい紙幣の1万円札も同じくらい長く使われるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

紙幣の刷新はいつごろから開始?

さきほどもチラッとお話ししたとおり「およそ20年」を目安に紙幣の刷新が行われているとの事。

その事から推測すると、前回の変更が2004年なので2024年前後というのが目安になるかと思います。

直近では東京五輪も控えており、政府も忙しくなるであろうことは間違いないのでその目安で大体あってそうですね。

ただ、紙幣が変更になったからといって現行の紙幣が使えなくなるというわけではないので、特に私たちの生活は変わらないかと思います笑

自動販売機系統で対応が急がれるくらいでしょうかね?

紙幣の刷新で新しく選ばれた人物について

さて、気になるのは変更になる人物は誰なのか?というところ。

普段僕たちが長く使っていく事になる紙幣の顔ということで、どんな人物かはやっぱりきになっちゃいますよね。

なので、それぞれの紙幣に選ばれた人物について簡単に調べてみました。

1000円札の人物「北里柴三郎」

北里柴三郎さんは東大で活躍したノーベル賞を獲得した細菌学者で、「日本の細菌学の父」と呼ばれるほどの功績を残した方です。

ペスト菌を発見したり、破傷風の治療法を考案するなど感染症に関する医学で貢献してきた偉大な人物のようですね。

5000円札の人物「津田梅子」

津田梅子さんは日本における女子教育の先駆者として活躍した方で、「津田塾」の創始者。

かなり厳しい塾として当時は脱退者が続発したものの、この厳しい教育があったおかげで女性の活躍の場が広がる機会を与えてくれました。

アメリカにも留学して西洋野菜を栽培するなどの一面もあったそうです。

10000円札の人物「渋沢栄一」

約40年ぶりの変更ということで一番注目されているのがこの渋沢栄一さん。

渋沢栄一さんは「日本資本主義の父」として現在の資本主義社会を作り上げた偉大な方です。

第一国立銀行や東京証券取引所など、誰しも一度は耳にしたことがあるであろう重要な施設の設立に携わっているので、ある意味1万円札の人物に選ばれたのはしっくりくるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

紙幣の刷新 裏面には何が描かれる?

表面の人物についてはすでに話題になっていますが、気になるのは裏面に描かれるのはなんだろうという疑問。

調べた結果、それぞれの紙幣の裏面に描かれる予定のものがわかりました!

1万円の裏面に描かれるのは東京駅の丸の内駅舎

日本の中心部でもある東京の改装された丸の内駅が1万円の裏側を彩るようですね。

現行の1万円札の裏面は平等院の鳳凰像が描かれていますが、実は2004年以前は「雉」の絵だったのって気づきましたか!?僕は今知りました笑

表面の印象が強すぎて裏面ってあまり気にした事なかったですからね^^;

今回は動物ではなく建物という事なので結構存在感がありそうです。

5千円札の裏面には藤の花

こちらは現行では尾形光琳の「燕子花図」というのが描かれていますが、まったく印象に残ってないです笑

新紙幣では藤の花ということですが、あまりパッとしないイメージですね。。。

やはり人物に注目がいってしまいそうです。

1000円札の裏面には富嶽三十六景の神奈川沖浪裏

注目は千円札ですね!

現行紙幣では「 逆さ富士」が描かれていますが、今回の「神奈川沖浪裏」はかなり迫力があるので一番裏面としては印象に残るかもしれません。

実際のデザインを早く見てみたいですね!!

まとめ

おそらく導入当初は絶対に馴れないと思いますが、実際にできた紙幣を見てみないと実感がわかないので楽しみでもありますね。

今後はお金を大量に使ったとき「諭吉がなくなった」という言い方から「栄一がなくなった」って言わないといけないという事を考えると違和感がハンパじゃないですが笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です