箱根の弥坂湯はどこ?口コミなどの評判や料金を調べてみた結果・・・

マツコの知らない世界で取り上げられた「トップクラスの泉質」を誇る小浴場である弥坂湯。

地元の人しかしらない隠れた小浴場で、入れば身体がツルツルに!?

気になるの場所と実際に行った人たちの口コミ・評価や料金を徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

弥坂湯とは?

スポンサーリンク

箱根の地元民しか知らないと言われている小さな小浴場で、創業はなんと昭和24年の共同浴場。

地元の組合が運営していたようですが平成19年には町営に切り替わったようです。

弥坂湯の特徴はシンプルなことに内湯がたったの1つだけ!


昨今ではスーパー銭湯や天然温泉浴場などが様々なバリエーションやサービスを展開して凌ぎを削っているのにも関わらず、余計なものは一切なしの実力勝負。

箱根といえば温泉をイメージする方も多いと思いますが、その激戦地で昭和から残るということはそれだけの価値があるということじゃないのでしょうか?

温泉の成分や効能は?

画像を見てもらってもわかる通り、綺麗な無色透明の温泉。

アルカリ性の単純温泉で、湯温は約42度。PH値は8.7で肌がツルツルする効果がここにあるようです。

アルカリ性の温泉はトロトロとした肌触りの印象があり、クレンジング効果によって身体の油分を落としてくれます。

温泉に入るだけでも汚れが自然に落ちるので、あまり強くゴシゴシする必要はありません。

弥坂湯の場所はどこ?

スポンサーリンク

弥坂湯の場所は箱根湯本駅から歩いて約10分ほど。

駐車場は1台分しかスペースがないので、車で来られる予定の方は注意です。

近くにタイムズ弥次喜多の湯がありますが、月曜~金曜で30分400円、土日祝は30分700円と高額なのでこちらは使わないほうがいいかもです。

もし使うなら「箱根仲町駐車場」というところがもう1つ近くにあるのでそちらをおすすめします。

こっちは4時間400円です笑

弥坂湯の料金・営業時間は?

気になる料金は大人650円、子供300円とちょっとお高め。

地元の方はなんと150円という超優遇制度です笑

元々が地元の組合からの運営なのでそこは仕方ない気もしますね。

営業時間は朝9時~夜8時半まで。休館日は木曜日となっていますのでご注意。

タオルやシャンプー、ドライヤーなどは一切用意されていないので、必ず忘れずに持参しましょう!

弥坂湯の口コミや評判について

スポンサーリンク


ここからは実際に行ってきた人たちの素直な声をお届けします。

  • アルカリ性単純泉。泉温45度前後と加温があります。雰囲気は良いのですが銭湯の割には650円と値段が高いと思います。 因みに地元の人は150円。丸い湯船が一つで三人入ると一杯です。
  • 塩素臭くは無いが、かなり投入されていて浴感は今ひとつ。 町民の150円は安いが、一般客の650円は高い。
  • 朝一番でお邪魔いたしました 年季の入った外観で一瞬躊躇しましたが 気さくなご主人に快く迎えていただきました 中は隅々まで掃除が行き届いていて小さな湯船や洗い場トイレや無料のロッカーなど施設全体がとても清潔にされていて少しぬるめのお湯に気持ち良く入らせていただきました こちらシャンプーや石鹸はありませんので必ずご持参されますように 駐車場は近くの早雲寺の有料駐車場を利用いたしました
  • 表通りから見ると、小さめの共同湯の印象を受ける外観ですが、中は奥行きがあって、割と広めです。
    受付で料金を払い、ご主人に差し出された注意書きを読んで、脱衣場へ。先客は地元の方一人、観光客一人の二人(勝手に決めていますが、そんな雰囲気でした)。お湯はもう少し熱めの方が好みですが、長湯するにはちょうど良い程度。消毒ありの源泉掛け流しということでしたが、塩素臭はわかりませんでした。
  • 入浴料650円(町外)は、玄関から正面の番台で。左側が男湯です。コインレス鍵付ロッカーが並ぶ脱衣場には、ドライヤーなし。浴室に入ると、左側手前と奥に2人分のシャワー付カランがある洗い場。アメニティは、共同浴場なのでありません。中央に6人サイズのタイル張り円形内湯があり、無色透明のアルカリ性単純温泉(源泉名: 湯本温泉 台帳番号 湯本第29号,46号混合)が、かけ流しにされています。泉温45.8℃を加水せず、42℃位で供給(寒冷時、湯温低下の時に必要な場合のみ加温あり)。PH8.7で、肌がスベスベする浴感です。循環はしていませんが、消毒はあり。でも、塩素臭は気になりません。湯口の湯を、口に含むも無味無臭。先客が上がられた後、貸切状態でまったりできました。観光で賑わう温泉街や大型の日帰り温泉施設もいいですが、たまにはこうした鄙びた共同浴場でのんびりするのもいいものです。

どうやら人によっては消毒のニオイが気になる方や、料金に不満がある人が多かったように思えます。確かに地元の人は150円で入れるのに・・・って考えると高い感じもしますよね。

あと内湯が1個しかないのに・・・と捉える人もいるようです。

ただ、個人的にはそれでも最高泉質の温泉ならアリなのかな?とも感じますが、実際入ってみないとなんともいえませんね。

お風呂もいいけど内装も昭和の雰囲気がそのまま残っていてそこを魅力に感じている人も多いみたいですね!

疲れた身体を癒す場所としてはもってこいだとおもいます。

まとめ

マツコも絶賛の弥坂湯。身体がツルツルになる事で番組終了後は女性客が殺到するかも!?

今はまだひっそりとして貸切状態のことが多いのでチャンスですよ~。

箱根に旅行に行く際はぜに弥坂湯をチェックしてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です