収益化無効!?文字だけ動画のYOUTUBERは死活問題 原因はなぜ?

どうやら最近YOUTUBEで配信者にとって死活問題となり得る事態が起きているようです。

それが「収益化無効」という仕打ち。

せっかく時間をかけて作成した動画であっても、大事な収入源がなくなるということです。

その対象となったのが「文字だけ動画」というもの。

なぜこの文字だけ動画が収益化無効となってしまうのでしょうか?

その実態を調べてみました。

スポンサーリンク

収益化無効とはどういう状態?

YOUTUBEの収益化無効とはいったい何なのか?という方の為にYOUTUBEの仕組みを簡単に解説しますね。

今や若者の間で「好きな事で生きていく」という1つの可能性を提示したYOUTUBE。

その稼ぎ方は、自分が投稿した動画に広告を載せて、それが再生されるとその対価としてお金をもらえるという仕組みです。

要するに自分がテレビ番組を作成して、その途中でCMを挟んであげるから広告費をくださいなってことですね!

そして今回話題になっているのがその「収益化」が取り消されるという恐ろしいもの。

例え自分が作り上げた動画1千万回再生されようと、1円も収入にならないという深刻な事態です。

一体なぜこんな事が起こるようになってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

収益化無効の対象になった動画

収益化無効とはいっても当然すべての動画が対象になっているわけではありません。

今回無効化で騒がれているのは「文字だけ動画」といったもの。

一体どんな動画なのか?というと、YOUTUBEの配信者には大きくわけて3パターンあり、

  1. 本人が顔出しをして芸能人のように活動するタイプ
  2. 本人の代わりにキャラクターを登場させて、声のみ配信するタイプ
  3. 人間が出演せず、文字(字幕など)で解説するタイプ

 

これらの種類が存在します。

1番は皆さんが一番よく目にするタイプの本人出演タイプ。世界一のYOUTUBERであるHIKAKINさんもこれに該当しますね。

2番は最近よく目にするバーチャルユーチューバーと呼ばれるもので、CMでも話題になっているキズナアイなどがそれに該当します。

そして3番目が今回の騒動の中心である、文字だけ動画。

実は文字だけ動画と言っても種類があり、俗に言う「手抜き動画」と認識される背景画像などが1パターンだったり真っ黒だったり、シンプルな作りのもので文字だけが映画のエンドロールのように流れるタイプのもの。

そして実は1番の本人出演タイプよりも編集に手がかかる文字だけ動画というのも存在し、自分の声ではなく機械の音声と字幕を組み合わせるタイプのものがあります。

いわゆる「ゆっくり実況」などがこれにあたりますね。

前者の手抜き動画というのは、以前情報商材で「YOUTUBEで稼ぐ方法」のような謳い文句で販売され、誰でも簡単に稼げます!みたいなうすっぺらい情報が流れた事があります。

その手法が「サムネイル」で興味を引き付ける画像を設定し、いざクリックすると文字がエンドロールのようにバーっと・・・。

そんな動画1度は見た経験があるんじゃないでしょうか?

あれ、見る側ってすごいガッカリするんですよね。。。

恐らくそれに対処するためのYOUTUBE側の対策かと思われます。

YOUTUBEはグーグルの子会社なので、同様に「質の低いコンテンツはぶっ飛ばす」という思想があるため、今回の事態になったんですね。

しかし、それでゆっくり動画まで収益無効化とは・・・あまりにも対応がずさんな気がします。

僕も作成した事があるんですが、かなり手間がかかりますからね!

スポンサーリンク

収益化無効に対する解決方法は?

先程もご紹介したコタツ研究所さんがさっそく対策に乗り出したようですが、その方法はシンプルに「YOUTUBEに問い合わせ」というもの。

そして再度収益化に関する審査をしてもらうという流れになるのですが、実は無効化認定されてから30日間の再審査ができないという仕様になっているみたいで、つまり1ヶ月間収益が0になるということです。

現行では他に手段がないので、これ一本で生計を立てている方はかなり厳しい現状になりそうです。

しかもその再審査でも弾かれたら・・・考えたくもないですね。

好きな事で生きていける時代が一瞬で終わりを迎えたようにも感じます。

スポンサーリンク

収益化無効に関するまとめ

子供たちに将来の夢は?と聞いたらランキング上位に「ユーチューバー」という文字が輝くような時代になりましたが、その未来は果たして本当に明るいものになるのでしょうか?

個人が稼ぐ力を身につけるというのは素晴らしい事ですが、それによって雇用率が下がっているのもまた事実。

しかし今回のように大元の勝手な判断によって収益が0になる可能性があるということを考えると、今後のあり方も変わってくるかもしれませんね。

会社で普通に働いていて収入が急に0になるってことはよっぽどの事がない限りありませんから・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です